コンテンツにスキップする

トランプ次期米大統領、好タイミング逃したか-株式の強気相場継続で

  • 新たに就任する米大統領にとって最善なのは早めの弱気相場到来
  • S&P500種の強気相場は歴史上2番目の長さを記録

米大統領選は終わったが、株式の強気相場は変わらず、新大統領としてはさっさと終わってほしいところかもしれない。

  ドナルド・トランプ氏は、米国株の上昇相場が2826日間に及ぶという状況下で次期大統領に当選した。弱々しい経済成長やさえない企業決算をよそに、バリュエーションは7年ぶり高水準に達した。あと2年足らずなんとか持続できれば前例のない長期強気相場となり、その節目は2018年8月に到来することになる。

  現在の強気相場は既に1930年代以降の平均を32カ月間も上回って継続しているので、この状況は永遠に続くかもしれない。だが、そうならないのであれば、新大統領は願わくばその痛みが早めに訪れてほしいと思うかもしれない。オバマ大統領やジョージ・W・ブッシュ前大統領の例を見れば分かる。タイミングの良い相場サイクルのおかげで、2期目就任前までには力強い株の値上がりを享受できたからだ。

Get Your Bear Market Over With Early

  ノーザン・トラスト(本社シカゴ)のチーフ投資ストラテジスト、ジム・マクドナルド氏は「どんな現職大統領も弱気相場の早め克服を望むだろう」と指摘。「選挙年の株式相場動向と現職が再選されるかには強い関係がある」と述べた。 

  トランプ次期大統領にとって、現実味があるのは2000年当時との比較かもしれない。当時はブッシュ大統領が約10年に及んだ上げ相場の後に就任したが、1期目の当初22カ月で相場は40%余り下落。01年9月11日の同時多発テロから1年が過ぎるまで底入れしない状況となった。だが、ブッシュ氏にとって、これはタイミングの良い展開だった。04年の再選に向けた選挙日までの19カ月のうち、S&P500種株価指数は15カ月が上昇月となり、再選が決まる前の1年で10%値上がりした。オバマ大統領の12年再選前には、同指数は1年で13%上げた。

原題:For New President Trump, It’s Already Late in the Stock Market(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE