コンテンツにスキップする

バフェット氏:ウェルズFのスタンプ前CEOは「ひどい誤り犯した」

  • 非常にきちんとした人だが、是正しなかったのが問題だ
  • バフェット氏はCNNのインタビューでコメント

米資産家ウォーレン・バフェット氏は米銀ウェルズ・ファーゴの従業員が顧客に無断で口座開設した問題について、こうした行為を促した奨励策の責任はジョン・スタンプ前最高経営責任者(CEO)にあり、問題を解決せず悪化させたと指摘した。

  11日にCNNのウェブサイトに掲載されたインタビュー記事によると、バフェット氏はスタンプ氏について、「非常にきちんとした人」だが「ひどい誤りを犯した」と述べ、「それを是正しなかったのが問題だ」と指摘した。バフェット氏率いる投資・保険会社バークシャー・ハサウェイはウェルズ・ファーゴの筆頭株主

  ウェルズ・ファーゴの従業員らは、できるだけ多くの口座を開設するため抱き合わせ販売を奨励されたと話している。バフェット氏は「非常識な奨励策のせいだ。彼らは非常識だと分かっても何も手を打たなかった」と述べた。

  バフェット氏は以前に、ウェルズ・ファーゴに関するコメントは11月まで控えると述べていた。同氏のウェルズ・ファーゴ株保有比率は米連邦準備制度理事会(FRB)の審査が必要な10%に上昇しているだけに、微妙な話題だった。

原題:Buffett Says Stumpf ‘Made a Hell of a Mistake’ at Wells Fargo(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE