コンテンツにスキップする

中国、外銀の出資拡大容認に向け取り組む-本土の証券・資金運用合弁

中国財政省は11日、外国銀行と本土企業の証券・資金運用合弁会社について、外銀の出資比率上限を引き上げる方向で取り組むと表明した。

  同省は声明で、一部の適格金融機関に課している現行の49%という出資比率上限を徐々に引き上げると発表。海外投資家の参入が業界の競争力と世界への影響力を強め得ることを同省は認識しているとも説明した。

  今回の発表は、中国と英国が9日に行った経済対話に伴う合意の一環。

原題:China Committed to More Foreign Ownership in Brokerage Ventures(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE