コンテンツにスキップする

笑われたガンドラック氏、投資戦略実る-トランプ氏勝利の予想的中

  • トランプ氏が大統領になれば赤字増大とみて資産配分を修正
  • ガンドラック氏は大統領選結果を当てた数少ない運用者の1人

ジェフリー・ガンドラック氏が先月、米大統領選でドナルド・トランプ氏が勝つとの予想を再び示した際、聴衆は笑った。

  ダブルライン・キャピタル最高経営責任者(CEO)のガンドラック氏が10月26日、米サンディエゴでの会議で「トランプ氏は勝利したら赤字を拡大させる」との見通しを語ると、会場には忍び笑いが起きた。同氏がトランプ氏勝利の予想を最初に明らかにしたのは、その数カ月前だった。

  ガンドラック氏は今回の大統領選結果を正確に予想した数少ない運用担当者の1人。同氏は、トランプ政権になれば財政赤字が増えて金利が上昇すると予測し、リスク低減のためにデュレーションの短い債券へと資産配分を修正。トランプ氏の構想が実現すれば、連邦債務が向こう10年で5兆ドル(約532兆円)増えると推計されている。

  この戦略は8日の大統領選後に実った。債券相場は9日に急落し、米30年物国債の利回りは1営業日として2011年10月以来の大幅上昇を記録した。

  ガンドラック氏(57)は電子メールで9日、トランプ氏勝利のニュースで「相場は私が言った通りになった。債券価格は大きく下げ株も一時的に下落、買いの好機が訪れたことが証明された」とコメントした。

  同氏の旗艦ファンド「トータル・リターン・ボンド・ファンド」(運用資産609億ドル)の平均デュレーションは9月末時点で約2.57年。ベンチマークであるブルームバーグ・バークレイズ債券指数の半分未満となっている。

原題:Gundlach’s Call on Trump Win Dovetails With Shorter Duration Bet(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE