コンテンツにスキップする

麻生財務相:1日、2日で5円動くのは異常-大統領選受けた為替

更新日時
  • 乱高下望ましくない、きちんと緊張感持ってみていく-麻生財務相
  • 経済面においても日米間の協力重要-日米関係を新政権とも継続

麻生太郎財務相は11日の閣議後会見で、米大統領選で共和党のドナルド・トランプ氏が勝利したことで為替が乱高下したことを受け、「1日、2日で5円も動くのは異常だ」と述べた上で、為替相場の動向を緊張感を持って注視する考えをあらためて強調した。

  麻生財務相は為替相場の動向について「乱高下が少なく、安定している状態が一番だ」と述べるとともに、「急激な乱高下は望ましくない。きちんと緊張感を持ってみていかないといけない」と語った。

  東京外国為替市場はトランプ氏の勝利を受け、9日、一時1ドル=105円台から101円台に急騰。11日には次期政権の経済政策でインフレが進むとの観測からドル高圧力が根強く、106円台の円安水準で推移している。

米金利上げの動き十分ある

  また、米国が「ドル高になるのをえらく嫌っていたのは11月8日までは間違いなく感じていた」とも発言。その上で、「経済面においても日米間の協力は非常に重要だ。これまで長い間に築いてきた日米関係を経済の面においても新政権ともきちんと継続していきたい」と述べた。

  麻生財務相は米連邦準備制度理事会(FRB)が12月に利上げする可能性にも触れ、「米国の景気が良くなっていくと土地の値段が上がる。金利を上げてそれを抑えようとする動きが十分にあるだろう」と指摘。一方で、ドル高による資本流出など「新興国に与える影響を考えるのがFRBの立場だ。ハンドリングが難しくなるだろう」との見解を示した。

(4段落目を追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE