コンテンツにスキップする

NY外為:ドル続伸、トランプ政権期待でインフレ見通し高まる

更新日時

10日のニューヨーク外国為替市場ではドルが続伸。ドル指数は3月以来の高水準を付けた。トランプ次期政権の政策期待からインフレ期待が強まり、ドル買いが続いた。

  主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は2日連続で上昇。10年債利回りは2%を超え、1月以来の高水準を付けた。共和党がどのような政策をとるのか、それがオバマ現政権よりもインフレ圧力を高めるかどうかに注目が集まっている。

Dollar Climbs

  トランプ氏の勝利で財政出動の拡大やインフレおよび利上げペースの加速見通しが強まり、米10年債利回りがほかの主要7カ国(G7)諸国の国債利回りに比べて上昇、ドルの魅力が強まった。インフレ期待を示す債券市場の指標は2015年7月以来の高水準に達した。

Yuan And Dollar Banknotes Ahead Of Tenth Anniversary Of China's Yuan Reform

ドル紙幣

Photographer: Xaume Olleros/Bloomberg

  野村ホールディングスの外為調査責任者、ビラル・ハフィーズ氏(ロンドン在勤)はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、今後12カ月間のドルは貿易加重ベースで「非常に堅調になるだろう」と発言。「米金融当局は利上げを実施し、世界中で強く必要とされている財政出動に米国は取り組むだろう。そのため米国の成長率は速くなり、インフレ圧力も高まる」と述べた。

  ニューヨーク時間午後5時現在、ドル指数は前日比0.8%上昇。ドルは対円で1.1%高い1ドル=106円83銭。7月以来の高値を付けた。対ユーロでは4日続伸し、0.2%高の1ユーロ=1.0893ドル。

  今月初めにブルームバーグが実施した調査では、トランプ氏が勝利した場合、ドルは対円で100円28銭に下落すると予想されていた。

  トランプ氏は減税や最大5000億ドルのインフラ投資などを提唱している。金利先物市場によると、12月の利上げ確率は82%と、先週末の76%から上昇している。

  ラボバンク・インターナショナルのシニア為替ストラテジスト、ジェーン・フォリー氏は「トランプ氏の財政政策の影響を市場は再検証している」と指摘。どの公約が実現するかが判明するまで「長い時間がかかる」とし、「この日はドルの支援材料となったが、今後数カ月は荒い動きになるだろう」と語った。

原題:Dollar Extends Surge as Trump’s Triumph Boosts Inflation Outlook(抜粋)

(第2-3段落と第6段落以降を追加し、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE