コンテンツにスキップする

ケイティ・ペリー氏、アリババの催しに出演中止-大統領選でがっかりか

米ポップスターのケイティ・ペリー氏が電子商取引で中国最大手アリババ・グループ・ホールディングの催しへの出演を取りやめていたことが分かった。

  同氏は10日夜、アリババが主催する「光棍節」(独身者の日)のイベントに出演する予定だった。ロックバンドのワンリパブリックや元バスケットボール選手のコービー・ブライアント氏とともにイベントの花形となるはずだったが、ペリー氏に代わってサッカーのデービッド・ベッカム氏が出演することになった。

  アリババはペリー氏の出演中止は家庭の事情と説明した。同氏は9日、米大統領選挙結果への失望をツイッターに投稿。「今夜はつけまつげが落ちるほど泣いちゃう」とつづり米国旗の絵文字を付けていた。

  アリババが2009年に始めた11月11日の独身者の日は電子商取引の取引額が1年で最高となる日で、米国の感謝祭後のブラックフライデーやその後のサイバーマンデーをしのぐほどの現象になっている。

原題:Katy Perry Ditches Alibaba’s Concert After Anti-Trump Tweets (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE