10日のインド株式相場は3週間ぶりの大幅高となった。トランプ次期米大統領が企業寄りの政策を取るとの観測を背景とした世界的株高の流れを引き継いだ。

  タタ・スチールとジンダル・スチール・アンド・パワーがそれぞれ約9%上昇し、金属株の指数は2月以来の大幅上昇となった。製薬銘柄の指数の2日間での上げは7月以降で最大。銀行株指数は4日連続で上昇した。

  指標のS&P・BSEセンセックスは前日比1%高の27517.68で終了。MSCIアジア太平洋指数は3月2日以来の大きな上げとなっている。

原題:Indian Stocks Climb as Lenders Advance on Global Equity Rebound(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE