コンテンツにスキップする

トランプ氏が債券投資家直撃、1日で35.7兆円吹き飛ぶ-インフレ懸念

  • 世界の債券市場は過去3日で6920億ドル失う-BofAメリル
  • トランプ経済学は来年のより速いペースの利上げ意味するとレニー氏

米大統領選挙でドナルド・トランプ氏が勝利したことで、世界の債券投資家は1日で3370億ドル(約35兆7000億円)を失った。経済成長の促進を目指す同氏の政策がインフレを加速させるとの懸念が浮上したためだ。

  バンク・オブ・アメリカ(BofA)メリルリンチのデータによれば、世界の債券市場では過去3日で6920億ドルが吹き飛んだ。トランプ氏と共和党主導の米議会が歳出を増やすとの観測を背景に、トレーダーらはインフレ率と米政策金利の見通しを引き上げた。9日にトランプ氏の優位が伝えられ始めると質への逃避から当初は債券が値上がりしたが、その後、相場の方向が変わった。

  ウエストパック銀行の金融市場戦略責任者ロバート・レニー氏(シドニー在勤)は「トランプ経済学は来年のより速いペースでの利上げを意味する公算が大きい」とし、トランプ氏の勝利は「一つには緊縮財政と低金利への反感によるものだ。米国が今、方向転換しようとしているなら、市場もそれを織り込まなければならない」と話した。

  同氏は米10年国債利回りが来年6月までに2.3%に上昇すると予想。ブルームバーグ・ボンド・トレーダーのデータによると、ロンドン時間10日午前6時9分(日本時間午後3時9分)現在は2.02%。9日は20ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇した。

Bond Losses

原題:Investors Lose $337 Billion as Bonds Whipsawed on Trump Victory(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE