コンテンツにスキップする

トランプ氏なら「米国民やめたい」と殺到か-NZとカナダ移民サイト

米大統領選でドナルド・トランプ氏勝利の見通しが優勢となる状況で、約8000マイル(約1万2870キロ)離れたニュージーランドに米国民が殺到した。といってもそれは、移民局のウェブサイトでの話だ。

  ニュージーランド移民局(INZ)のサイトに米国からアクセスしたネットユーザーの数は、現地時間10日午前9時(ニューヨーク時間9日午後3時)までの24時間で約5万6300 人に達した。これは1日平均(2300人)の24倍余りに相当する。ビザ(査証)プログラムには数千人が登録した。

  一方、やはりアクセスが相次いだカナダの市民権・移民情報サイトも、トランプ氏の勝利が次第に確実となる中でエラーメッセージが表示され、ダウンした状態が一晩続いた。

原題:For Some Americans, Canada Isn’t Far Enough Amid Shock Trump Win(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE