コンテンツにスキップする

シーメンス:7-9月利益は予想上回る-ヘルスケア部門スピンオフへ

更新日時

 欧州最大のエンジニアリング会社、ドイツのシーメンスの7ー9月(第4四半期)の利益は予想を上回った。大半の工業関連部門の売上高が増加したほか、事業の軸足をさらに明確化するためにヘルスケア部門のスピンオフ(分離・独立)計画を発表した。

  10日の発表資料によると、7ー9月期の工業部門の利益は24億5000万ユーロ(約2830億円)と、前年同期からほぼ変わらず。 ブルームバーグが調査したアナリストの予想平均は24億1000万ユーロだった。売上高は3%増の219億5000万ユーロ。

  2017年9月期の1株利益については、6.80ー7.20ユーロとの見通しを示した。ジョー・ケーザー最高経営責任者(CEO)は以前にも、地政学的な不安定性の高まりが17年9月期の業績に打撃を与える可能性について指摘しており、この日も「複雑な地政学的な状況」の中で引き続きマクロ経済成長への「 逆風」を予想していると指摘した。

原題:Siemens Profit Gains; Company Plans Health-Care Unit Listing (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE