コンテンツにスキップする

ダイモン氏:トランプ氏勝利、「経済的機会に恵まれない不満」を反映

  • 政治的経済的に激しい変化の時期を迎えようとしているとダイモン氏
  • 官民、そして非営利セクターを挙げて指導者が協力する必要を訴え

米銀JPモルガン・チェースのジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)は米大統領選でのドナルド・トランプ氏の驚くべき勝利や、英国民投票で欧州連合(EU)離脱が選択されたことについて、経済的な機会に恵まれない不満を反映しており、無視すべきではないとの考えを示した。

  ダイモンCEOは9日に行員に宛てに出した内部文書で、「われわれは政治的、経済的に激しい変化の時期を迎えようとしており、米国民はドナルド・トランプ氏を第45代大統領に選出することで変化を切望する意思を示した。われわれはこの声に耳を傾けるべきだ」と述べた。

  ダイモン氏はその上で、「経済成長を生みだし、全ての人々の機会を拡大する意味のある解決策を見いだせるよう官民、そして非営利セクターを挙げて指導者が協力して取り組む必要がある」と指摘した。JPモルガンの内部文書については、ロイター通信が9日先に伝えていた。

原題:Dimon Says U.S., Europe Must Heed Voices of Frustration (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE