コンテンツにスキップする

NY金:ほぼ変わらず、トランプ氏勝利直後の大幅上昇を消す

9日のニューヨーク金先物相場はほぼ変わらずで終了。米大統領選でのドナルド・トランプ氏勝利で米国の国際関係が塗り替えられ、米政策が予測不可能になるとの見方から利上げが先送りされるとの観測が強まり、金は一時大きく上昇する場面もあった。出来高は過去最大となった。

  精錬会社MKS(スイス)の貴金属トレーディング責任者、バーナード・シン氏(ジュネーブ在勤)は電話インタビューで、「今の取引はすべて金に集中している」と述べた。

  ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前日比0.1%安の1オンス=1273.50ドル。一時は5%上昇した。

原題:Trump Win Sends Gold to Busiest-Ever Trading Day as Volume Jumps(抜粋)、U.S. Stocks Rise, Treasuries Fall as Trump Win Spurs Growth Bets(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE