インド株:下げ幅削る-高額紙幣廃止とトランプ氏勝利の影響見直しで

9日のインド株式市場では、指数のS&P・BSEセンセックスが一時6.1%下げたものの、その後は下げ幅を縮める展開となった。モディ首相が汚職対策として高額紙幣の廃止を決めたほか、米大統領選でドナルド・トランプ氏が当選した影響を見極める動きが強まった。通貨ルピーは下げから切り返した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。