コンテンツにスキップする

トランプ氏、クリントン氏に大番狂わせの勝利確実-市場かく乱も

更新日時

8日投開票が行われた米大統領選挙で、共和党候補のドナルド・トランプ氏が当選し、米国の第45代大統領になることが確実になった。直近の世論調査でリードを許していた民主党候補ヒラリー・クリントン氏を破る大番狂わせ。既成の政治勢力を拒否したトランプ氏の予想外の勝利は、金融市場を揺るがすばかりか、米国の各政策の優先順位や米国と世界の関係を根底から変える可能性がある。

  AP通信によれば、リアリティー番組の元司会者で公職経験ゼロの不動産王トランプ氏(70)は、激戦州のフロリダ、オハイオ、ノースカロライナ、ペンシルベニアを制し、獲得した選挙人数で決定的な差をクリントン氏につけた。

Republican Presidential Nominee Donald Trump Holds Pennsylvania Campaign Rally

遊説中のトランプ氏

Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

  当初は自社ブランドの知名度を上げようとしているエンターテイナーとしか認識されていなかったトランプ氏は世論調査での劣勢や、共和党内からの反発、数々のスキャンダルや失言など、通常の候補なら挫折していたと思われる逆風に打ち勝った。

原題:Trump Poised to Win Presidency in Huge Upset of Political System(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE