コンテンツにスキップする

クレジット市場、トランプ勝利直後の混乱がやや沈静化-売買は高水準

更新日時

第45代米大統領に就任することになった共和党のドナルド・トランプ氏が国民に結束を呼び掛ける中で、クレジット市場の変動はやや落ち着いた。

  クレジットリスクを測る各指数は急上昇後に反転し始めた。売買高は高水準。欧州社債のクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)のスプレッドは一時7月以来の高水準となったが、下げに転じた。アジア社債CDSスプレッドも上昇幅を縮小した。ブルームバーグのデータによると、世界のCDS指数の売買高は9日、ロンドン時間午前8時50分時点で80億ドルを超えた。8日は1日全体で200億ドルだった。

  野村アセットマネジメントでアンコンストレインド債券部門責任者を務めるリチャード・ホッジス氏(ロンドン在勤)は「トランプ氏は大方の見方よりはるかに理性的で、演説内容は企業寄りだった。これによって当初のパニックが幾分落ち着いた」と指摘。選挙結果の「影響をまだ完全に理解できてはいない」と付け加えた。

原題:Credit Markets Pare Selloff After Trump Wins U.S. Presidency(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE