コンテンツにスキップする

米連邦議会選:共和党、上院多数派を維持-下院も引き続き主導へ

更新日時

8日の米大統領選挙と同時に行われた連邦議会選挙で、共和党が上院の多数派を維持した。政権与党の民主党は大敗を喫しつつある。

CDC Director Frieden Testifies To Senate Foreign Relations Subcommittee Hearing On Zika Virus

ルビオ議員

Photographer: Pete Marovich/Bloomberg

  マルコ・ルビオ議員(フロリダ州)とジョン・マケイン議員(アリゾナ州)、リチャード・バー議員(ノースカロライナ州)、パット・トゥーミー議員(ペンシルベニア州)、ロン・ジョンソン議員(ウィスコンシン州)らが再選を果たした。改選前の上院は共和党が54議席、民主党が46議席だった。

  共和党は下院でも主導権を維持する見込み。大統領選では共和党のドナルド・トランプ候補が勝利を確実にしている。これにより共和党が上下両院、ホワイトハウス、連邦最高裁を全て制する圧勝となる可能性が強まった。

原題:GOP Clinches Effective Senate Control as Democrats Fall Short(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE