コンテンツにスキップする

インド:高額紙幣を廃止、脱税と汚職対策-モディ首相が演説で表明

  • 現行の500ルピーと1000ルピー紙幣を9日から廃止
  • インド準備銀行は500ルピーと2000ルピーの新紙幣を発行へ

インド政府は脱税や汚職の対策として高額紙幣を廃止する。モディ印首相が事前に予定されていなかったテレビ演説で国民に表明した。

  500ルピー(約800円)と1000ルピーの紙幣は9日からインドの法定通貨ではなくなる。モディ首相は全国ネットワークのテレビ演説で、現在流通している紙幣は12月末までに銀行に預け入れなくてはならないと述べた。政府が運営する病院やガソリンスタンドでの同紙幣の使用は11月11日まで認められるという。

  同首相はこうした措置により、選挙公約に挙げた脱税阻止と国外に隠されたブラックマネーの回収を目指す。

  インド準備銀行(中央銀行)は2000ルピーおよび500ルピーの新紙幣を発行する。

原題:India Withdraws High-Denomination Bills in Crackdown on Graft(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE