コンテンツにスキップする

香港株:ハンセン指数が続伸、クリントン氏勝利期待で-カジノ株高い

更新日時
  • ハンセン指数とH株は共に0.5%高
  • 本土市場の上海総合指数は1月以来の高値

8日の香港株式市場でハンセン指数は続伸。中国の10月の輸出は予想より大きな減少となったものの、米大統領選で民主党候補ヒラリー・クリントン氏が勝利するとの楽観的な見方が広がった。

  ハンセン指数は前日比0.5%高の22909.47で終了。カジノ運営のギャラクシー・エンターテインメント・グループ(銀河娯楽集団、27 HK)やサンズ・チャイナ(金沙中国、1928 HK)の上げが目立った。香港取引所(388 HK)は2営業日ベースで1カ月ぶりの大幅上昇。香港と深圳の証券取引所の接続開始時期が迫っているとの見方が広がった。中国の10月の輸出は前年同月比7.3%減。市場予想の中央値は6%減だった。

  パートナーズ・キャピタル・インターナショナル(香港)の幹部、温天納(ロナルド・ワン)氏は「ヒラリー・クリントン氏の見通し改善に伴い、香港株は上昇している」と指摘。その上で「住宅抑制策で上値が限定的になることが見込まれる。同抑制策のマイナスの影響は長期的には小売りや金融などのセクターにも波及するだろう」と述べた。

  香港上場の中国本土株から成るハンセン中国企業株(H株)指数は前日比0.5%高で終了。本土市場の上海総合指数も0.5%上昇し、10カ月ぶりの高値で引けた。

原題:Hong Kong Stocks Climb for Second Day as Casinos Lead Advance(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE