コンテンツにスキップする

トランプ氏が重視するフロリダ州のある郡-ヒスパニック台頭で逆風か

  • 説得可能有権者が多数のマイアミデイドを全米最重要地域と判断
  • 期日前投票の人口構成ではクリントン氏に有利の兆候

米共和党の大統領候補ドナルド・トランプ氏の選挙対策チームは、フロリダ州が勝利のチャンスにとって極めて重要であると常に理解してきた。サンアントニオにあるトランプ陣営のデータ本部では、過半数270人の選挙人獲得に向けて各州の重要度のウエートやランク付けを行うシミュレーションが毎日実施されているが、フロリダ州は常にトップだ。そのフロリダ州の中でもトランプ陣営のアナリストらが、決定的に重要だと指摘する地域が存在する。

  大統領選のシミュレーションに詳しいトランプ氏陣営の関係者によると、全米の郡の中で最も重要と位置付けているのがマイアミデイド郡だ。同陣営のデジタルディレクターを務めるブラッド・パースケール氏はその理由について、「これから説得可能な大量の有権者が存在するということだ」と話す。

Republican Presidential Nominee Donald Trump Holds Pennsylvania Campaign Rally

トランプ氏にとってフロリダ州は最重要州

Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

  だが、トランプ氏がマイアミデイド郡で十分な有権者の支持を得られるかは別問題だ。投票当日までは何も確定しないだろうが、フロリダ大学の政治学者ダニエル・スミス氏がブルームバーグ・ビジネスウィークのために実施したマイアミデイド郡の期日前投票の調査によれば、クリントン氏はヒスパニック系有権者のかつてない急増で恩恵を受けることになりそうだ。

  マイアミデイド郡では有権者登録を行った150万人のうち56%をヒスパニック系が占める。スミス氏によると、期日前投票を済ませた 70万7844人の内訳は、民主党員が44%、共和党員が30%、所属政党なしが25%。3番目のグループは比較的若い層やヒスパニック系に構成が傾きがちであり、クリントン氏を支持する傾向がある。期日前投票を済ませた有権者の人口構成を見ても、ヒスパニック系58%、アフリカ系米国人17%、白人20%とクリントン氏に非常に有利に映る。

  マイアミデイド郡のセンチメントが、トランプ氏にとって強い逆風になっている最もはっきりした兆候が、遅れて有権者登録した人々の構成から見て取れるとスミス氏は指摘する。先月有権者登録した2万9657人のうち民主党員が41%、支持政党なしが44%を占めるのに対し、共和党員の割合は12.5%にとどまっている。スミス氏は「これらは共和党の候補者への反感を示すバロメーターになる」と分析している。

原題:In Trump’s Most Important County, a Surge of Hispanic Voters

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE