コンテンツにスキップする

クレディ・アグリコル:株価上昇、トレーディング好調で大幅増益

更新日時
  • 事業再編に伴う利益を計上、収入は12%増える
  • 2017年の配当は少なくとも今年並みに

フランス3位の銀行クレディ・アグリコルの7-9月(第3四半期)決算では、利益が前年同期比で倍増した。事業再編に伴う利益を計上したほか、債券トレーディングが好調だった。同行は来年の配当について据え置きまたは増加になると説明した。

  8日の発表によると、純利益は18億6000万ユーロ(約2100億円)に増加し、ブルームバーグがまとめたアナリスト7人の予想平均(18億1000万ユーロ)に近い数字となった。事業再編に伴う12億5000万ユーロの利益など一時的項目を除いた利益は27%増の10億2000万ユーロだった。

  クレディ・アグリコルは2016年の現金配当を1株当たり0.6ユーロとする意向で、17年以降も配当額を減らさない方針を示した。15年の配当は0.6ユーロだった。フィリップ・ブラサック最高経営責任者(CEO)は40行近くの地域銀行の持ち分を売却する185億ユーロ規模の取引手続きを完了。経営構造を簡素化し資本バッファーを増強した。

  7-9月期の基調的収入は12%増の44億1000万ユーロだった。トレーディングの好調と資産運用商品の需要拡大が寄与した。貸倒引当金は4%増の4億4400万ユーロ。法的リスクに備えた5000万ユーロの引当金も計上した。

  株価はパリ時間午前9時6分現在、5.1%高の10.23ユーロ。年初来では約6.3%下落。

原題:Credit Agricole Jumps as Trading Fuels Surge in Quarterly Profit(抜粋)


(株価を追加します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE