コンテンツにスキップする

米国債:下落、クリントン氏勝利の公算拡大で逃避需要が後退

7日の米国債相場は下落。米大統領選の民主党候補ヒラリー・クリントン氏が国務長官時代に私的な電子メールを使用していた問題で、米連邦捜査局(FBI)が再調査の結果、犯罪には相当しないとあらためて発表したことから、安全資産としての需要が後退した。

  2年債利回りは7営業日ぶりに上昇。クリントン氏勝利の可能性が高まったとの観測が背景にある。クリントン氏勝利の場合は米金融当局による12月の利上げの可能性が高まると、ストラテジストらは予想している。先物市場に織り込まれる年末までの利上げ確率は82%と、前週末の76%から上昇。

  MCAP(ニューヨーク)の債券取引責任者、マイケル・フランゼーゼ氏は「米金融当局は可能な限り政治に関わりたくないと考えている」とし、「クリントン氏が勝利すれば世界的に現状維持となる」と語った。

  ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによれば、ニューヨーク時間午後4時6分現在、10年債利回りは前週末比5ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の1.83%

原題:Treasuries Lead Global Bonds Selloff After FBI Absolves Clinton(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE