コンテンツにスキップする

アパルーサのテッパー氏:クリントン氏支持を表明-トランプ氏批判

ヘッジファンドのアパルーサ・マネジメントを率いるデービッド・テッパー氏は、米大統領選に関して民主党候補のヒラリー・クリントン氏への支持を表明した。同氏はこれまで、共和党候補のドナルド・トランプ氏を支持する可能性に含みを持たせていた。

  テッパー氏は7日、経済専門局CNBCのインタビューで「間違いなく私はクリントン氏を選ぶ」と言明した。

  一方でテッパー氏は上下院選については、民主党政権が誕生する可能性に備えてチェック機能として共和党候補に投票すると述べた。

  テッパー氏はこれまではトランプ氏への支持を排除しない考えだったと認めた上で、金融危機やハリケーン「サンディ」後にニュージャージー州の慈善事業へのトランプ氏からの寄付はなかったと批判した。

  このほかトランプ氏の自由貿易協定(FTA)への反対姿勢や、米国とメキシコとの国境に壁を建設するとの提案などもテッパー氏は批判。また今回の選挙でトランプ氏が勝利した場合、米株式市場でS&P500種株価指数が2040に下落する可能性があると予想した。同指数の4日終値は約2085。

  テッパー氏は「トランプ氏は大きなボラティリティをもたらす候補者だ」と指摘した。

原題:Tepper Backs Clinton in Election After Turning Against Trump (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE