7日のインド株式相場は上昇。先週のS&P・BSEセンセックスは週間ベースでの1カ月ぶり大幅安で引けたが、この日は米大統領選で民主党候補ヒラリー・クリントン氏勝利の可能性が高まったとの見方から世界的に株高となっている。

  ルピンが2月以来の大きな値上がりを演じるなど、製薬株指数は2カ月ぶりの大きな上げ。たばこ会社ITCを中心に消費関連銘柄も買われた。インドステイト銀行は約2カ月ぶり大幅高、ICICI銀行は3.3%上昇した。

  センセックスは前週末比0.7%高の27458.99で終了。これは3週間ぶりの大きな値上がり。米連邦捜査局(FBI)はクリントン氏の国務長官当時の私的な電子メール使用が犯罪に当たらないとの結論に変わりがないと明らかにした。

原題:Indian Stocks Rise With Asian Equities on U.S. Election Optimism(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE