コンテンツにスキップする

VW、排ガス不正の混乱深刻化-監査役会会長にも独検察の捜査広がる

  • ブラウンシュバイク検察が市場操作疑惑で捜査-現経営陣で2人目
  • 米当局、アウディでも不正ソフトウエア発見か-独ビルト紙

ドイツの自動車メーカー、フォルクスワーゲン(VW)は排ガス不正問題をめぐる混乱がいっそう深刻化している。捜査の手がハンスディーター・ペッチュ監査役会会長に広がるとともに、米当局が今年夏、グループの高級車部門アウディのモデルからも排ガス不正を可能にするソフトウエアを発見したと報道された。

  VWは6日、本社近くのブラウンシュバイク検察がペッチュ監査役会会長を市場操作疑惑の捜査対象に加えたと明らかにした。現経営陣でドイツ検察当局の捜査対象になるのは2人目。発表文によると、排ガス不正が起きた当時ペッチュ氏が最高財務責任者(CFO)を務めていたことに関連する捜査で、同氏とVWは当局に協力している。

  ペッチュ氏は2003-15年までVWのCFOを務め、アウディと高級スポーツカー部門ポルシェの監査役会にも名を連ねていた。検察当局は投資家に対する排ガス不正問題の開示をめぐり市場操作の疑いで捜査しており、すでにマルティン・ウィンターコルン前CEOと「VW」ブランド部門責任者ヘルベルト・ディース氏が捜査対象となっている。

  一方、ドイツ紙ビルト日曜版は、米カリフォルニアの環境当局がアウディの一部車種で排ガス試験の時だけ燃料消費と二酸化炭素(CO2)排出量を少なくするソフトウエアを発見したと報じた。該当車種はセダン「A6」と「A8」、スポーツ多目的車(SUV)「Q5」のオートマチックトランスミッション(AT)車で、ガソリンエンジン、ディーゼルエンジンのいずれもが含まれるという。ビルトによれば、アウディは米当局が今回発見した今年夏には、新車への不正ソフトウエアの搭載を停止していたとされている。

  アウディ広報は当局との協議が進行中だとして報道についてのコメントを控えた。

原題:VW Woes Deepen as Prosecutors Extend Probe to Chairman (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE