コンテンツにスキップする

中国:10月末の外貨準備高、3兆1200億ドル-1月以来の大幅減

  • エコノミストの予想中央値は3兆1300億ドル
  • 10月の中国人民元は1.53%安

中国の外貨準備高は先月、1月以来の大きな減少となった。ドル高が外貨準備高世界一の中国からの資本流出を促したほか、他通貨建ての資産が目減りした。

  中国人民銀行(中央銀行)が7日発表した声明によれば、10月末の外貨準備高は3兆1200億ドル(約326兆円)と、前月末比で457億ドル減った。ブルームバーグのエコノミスト調査では、中央値で3兆1300億ドルと見込まれていた。

  中国人民元は再び売られ、10月は1.53%安となった。

  国際通貨基金(IMF)の特別引き出し権(SDR)建てでは、中国の外貨準備高は10月末時点で2兆2710億SDR。9月末は2兆2680億SDRだった。

原題:China FX Reserves Drop Most Since January as Pressures Build (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE