コンテンツにスキップする

英住宅価格:10月は2カ月連続上昇、低金利と物件不足で-ハリファクス

英国の住宅価格は10月に前月比1.4%上昇し、2カ月連続の値上がりとなった。物件不足が続いていることが背景にある。英銀ロイズ・バンキング・グループの住宅金融部門ハリファクスが明らかにした。

  7日発表によると、8-10月の住宅価格は前年同期比で5.2%上昇。平均住宅価格は21万7411ポンド(約2820万円)となった。価格上昇率は今年3月に付けたピークの10%を下回るものの、引き続き「堅調」に推移していると、ハリファクスは指摘した。

  同行のエコノミスト、マーティン・エリス氏は「極めて低い住宅ローン金利と売り出し物件不足が価格水準を支えている」と説明した。

原題:U.K. House Prices Rise for a Second Month on Supply, Low Rates(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE