コンテンツにスキップする

中国、サイバーセキュリティー法案を可決-外国企業に対し権限強化

中国の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)常務委員会がサイバーセキュリティー法案を可決した。同法の施行は来年6月。政府当局者が7日述べた。外国企業の技術をめぐり政府に前例のないアクセス権限を付与する法律となる可能性がある。

  同法はインターネット企業に対し犯罪・国家安全保障に絡んだ調査に協力することを義務付け、コンピューター機器の試験・認証義務を導入するなど、外国企業の本土業務が骨抜きにされる恐れもある。不正が疑われる場合、企業側は政府の調査担当者にデータへの完全なアクセスを与える必要があるとしている。

原題:China Passes Cybersecurity Law Despite Strong Foreign Opposition(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE