コンテンツにスキップする

NY金融当局、中国農業銀に罰金支払い命令-顧客取引隠蔽図ると判断

米ニューヨーク州金融サービス局(DFS)は4日、中国3位の銀行、中国農業銀行がロシアと中国、中東の顧客のドル取引の形跡を隠そうと試み、これについて警告した自行の担当者を口止めしようとしたとして、同行に2億1500万ドル(約220億円)の罰金を支払うよう命じた。

  DFSはまた、コンプライアンス(法令順守)措置を監督するため中国の国有銀行である農業銀に独立の監督担当者を1年半にわたり置くよう指示。農業銀の担当者(ニューヨーク在勤)は今のところ、コメント要請に応じていない。同行が北京に置く広報室と広報担当者1人の携帯電話に5日の営業時間外に2度電話したが応答はなかった。

  DFSのマリア・ブロ局長は声明で、農業銀のニューヨーク支店でコンプライアンスプログラムが実施されず、テロリスト集団および制裁対象国や犯罪者の関連組織が違法行為のために農業銀を利用した可能性をはらむ「多大なリスク」が生じたと指摘した。

原題:China’s AgBank Fined $215 Million for Hiding Transactions (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE