コンテンツにスキップする

日銀フレンドリーな国債発行へ、三菱U証やSMBC日興減額予想

更新日時
  • プライマリーディーラー10社が来年度の市中国債発行の減額を予想
  • 短中期債が減額対象になるとの見通しが大半を占める

政府が年末にかけて策定する来年度の国債発行計画は、日本銀行が9月に導入した金融政策の枠組みの運営をサポートする要因になると主要な証券会社はみている。

  ブルームバーグがプライマリーディーラー(国債市場特別参加者)11社を対象に実施した調査によると、市場の需給に影響を及ぼす入札を通じた国債市中発行額(カレンダーベース)は、10社が2017年度に前年度当初計画の147兆円からの減額を予想。減額幅は3兆から6.2兆円が見込まれ、8社が2年債と5年債が主な減額対象になると回答した。

  日銀は9月の金融政策決定会合で当座預金の一部にマイナス0.1%の付利を課すとともに、10年債利回りが0%程度で推移するように国債を買い入れる長短金利操作付き量的・質的金融緩和の導入を決定した。その効果が発揮されて、日本国債のイールドカーブは9月会合後とあまり変わらない水準・形状で推移している。

relates to 日銀フレンドリーな国債発行へ、三菱U証やSMBC日興減額予想

 

G7 Finance Ministers and Central Bank Governors' Meeting

麻生財務相と黒田日銀総裁

Tomohiro Ohsumi

 黒田東彦総裁は1日の記者会見で、超長期の金利について「長短二つの点を操作目標として示して、マーケットでイールドカーブが全体として整合的な適切な形になることを想定している」との見方を示した。一方、麻生太郎財務相は先月の参院財政金融委員会で、国債管理政策について、日銀と連携を密にやっていきたいと発言した。

  SMBC日興証券の林原由香金利ストラテジストは、「麻生財務相も日銀の政策と歩調を合わせる姿勢を示しており、突然カレンダーベースで市中の国債発行額を大きく減額することは見込みにくい」と指摘。その上で、「日銀による10年債利回りのコントロールを前提として、過度なフラット化を望まないというのであれば、優先順位的には中期ゾーンの減額方針が反映されていく」とみる。

*T

プライマリーディーラーカレンダーベース発行額変更見通し年限別の調整
三菱UFJモルガン・スタンレー証6.2兆円減額中短期債を主に減額
40年債は2.4兆円ペースに戻す
みずほ証4.4兆円減額1年から10年債まで満遍なく減額
JPモルガン証4.4兆円減額短期から超長期まで幅広い年限でバランスよく減額
モルガン・スタンレーMUFG証減額20年債中心に減額
東海東京証減額全ての年限で減額の可能性
大和証3兆円減額1年物短国、2年債、5年債、物価連動債を減額
流動性供給を増額
メリルリンチ日本証3.2兆円減額1年物短国、2年債、5年債、物価連動債を減額
40年債を増額
SMBC日興証減額中期債の減額優先
ドイツ証減額2年債、5年債を減額
15.5年超の流動性供給を増額
バークレイズ証減額短国、5年債、物価連動債を減額
40年債を増額
岡三証横ばい中短期債、10年債の減額
超長期国債の増額

*T

  財務省は12月後半にも来年度の一般会計予算に伴う国債発行計画を提示する。バークレイズ証券の押久保直也債券ストラテジストは、政府・日銀がポリシーミックスを掲げていることから、日銀のイールドカーブ・コントロール政策が発行計画に反映されると予想。その上で「発行計画と日銀の国債買い入れ方針ともにイールドカーブのスティープ化圧力を高める方向になるだろう」と見込む。

  ドイツ証券の山下周チーフ金利ストラテジストは、「10年以内の金利を0%以下に抑えていること自体が中期ゾーンの実需低下という形で、日銀の新枠組みが発行計画に反映される」と分析。2年債と5年債が減額される一方で、15.5年超の流動性供給入札は隔月で1000億円増額されると見込んだ上で、「スティープ化圧力になるが、日銀のコントロール下で影響は限定的」と読む。

(第6、7段落を追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE