コンテンツにスキップする

中国、米金融機関に本土での投資銀部門の経営認める公算-WSJ

更新日時
  • 現行ルールでは米金融機関は中国の証券会社と合弁を設立する必要
  • 米上院の承認が必要になる可能性もあるとWSJ紙

中国はウォール街の金融機関に本土での投資銀行部門の経営を認める可能性がある、と米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が事情に詳しい複数の関係者の話として報じた。

  WSJ紙によると、中国当局は米国との新たな貿易・投資の枠組みをめぐる議論でこうした措置を検討している。現在のルールでは米金融機関は中国国内の証券会社との合弁で少数株式を取得し、本土でサービスを提供している。

  現行の取り決めの下では、利益配分や重要な経営判断をめぐるコントロールを放棄しなければならない一方、中国の同業との競争も難しくなるため、世界の有力銀行の一部からは不満が出ていた。JPモルガン・チェースは先月、中国の第一創業証券と設立した合弁の持ち株売却に向けて交渉中であることを明らかにしており、新たな合弁を通じてより大きな影響力を持てるようにする布石となる可能性がある。

  WSJによれば、中国側の協議は続いており、規制を管轄する当局と詳細を詰める必要があると、説明を受けた関係者が指摘した。また、合意には米上院の承認が必要になる可能性もあるという。

原題:China May Let Wall Street Banks Run Own Mainland Units, WSJ Says(抜粋)

(第3段落以降を追加し更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE