クリントン氏メール問題、訴追せずと再捜査でも結論-FBI長官

更新日時
  • コミーFBI長官が米大統領選の直前に議会に書簡を送った
  • 7月決定見直しにつながる事実ないと確信していたとクリントン陣営

米連邦捜査局(FBI)のコミー長官は6日、米議会に書簡を送り、米大統領選の民主党候補ヒラリー・クリントン氏による国務長官時代の私的な電子メール使用について、犯罪に相当しないという結論に変更はないと伝えた。大統領選の投開票を2日後に控えて、女性初の大統領を目指すクリントン氏にとって追い風となりそうだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。