コンテンツにスキップする

ネスレ、食品アレルギー治療の米エイミューンの株式15%取得へ

スイスの食品メーカー、ネスレのヘルス部門は食品アレルギー治療薬を開発する米エイミューン・セラピューティクスの株式15%を1億4500万ドル(約150億円)で取得する。

  エイミューンの4日発表によると、ネスレ・ヘルスサイエンスはエイミューンが新規発行する約755万株に対し1株当たり19.20ドルを支払う。これは3日終値を17%上回る水準。取引は年内に完了する見込みで、同部門のグレッグ・ベアール最高経営責任者(CEO)がエイミューン取締役会に加わる。

  ネスレは出資を通じてエイミューン製品の権利を自動的に得られないものの、今後2年間のライセンス機会については独占交渉権を有する。

原題:Nestle Pays $145 Million for 15% Stake in Biotech Firm Aimmune(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE