コンテンツにスキップする

NY外為(4日):ドル一時の上げ失う、市場は米大統領選に注目

更新日時

4日のニューヨーク外国為替市場ではドルが一時の騰勢を失った。朝方発表された10月の米雇用統計で雇用増が示されたことを手掛かりにドルは一時買い進まれたが、市場の関心が来週の米大統領選挙に戻ると失速した。

  ドルは6日続落と、3月以来で最長の連続安。10月の米雇用統計では前月比16万1000人の
雇用増が示され、米金融政策当局による来月利上げの観測が強まった。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想中央値では17万3000人増が見込まれていた。 

Dollar Weakens

  バークレイズの外為・金利ストラテジスト、アンドレス・ジェイム氏は「8日の米大統領選投票日を考えれば市場参加者は動きづらいだろう」と述べ、「利上げ確率がかなり織り込まれていることから、雇用統計は既に織り込まれている内容を裏付けたに過ぎない」と続けた。

  ニューヨーク時間午後5時現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.2%低下。一時は0.2%上昇していた。ドルはユーロに対して0.3%下げて1ユーロ=1.1141ドル。対円で0.1%上げて1ドル=103円12銭となっている。

  雇用統計によれば、10月の平均時給は前月比で0.4%増、前年比では2.8%増加した。前月は2.7%の増加だった。

  バンク・オブ・アメリカ(BofA)の外為ストラテジスト、イアン・ゴードン氏は「統計内容は12月の利上げ論拠を強く後押ししている。利上げへのハードルはなお非常に低い」と述べた。

  ブルームバーグがまとめたデータによると、トレーダーは12月までの利上げを76%織り込んでいる。10月28日時点は69%だった。世論調査を集計するファイブサーティエイトによれば、ヒラリー・クリントン米民主党候補の当選確率は65%に低下。1週間前は82%だった。

原題:Dollar Rally Proves Short-Lived Post-Jobs as U.S. Election Looms(抜粋)

(相場を更新し、第5段落以降を追加します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE