インド株(終了):センセックス、4カ月ぶり安値-医薬品株に売り

4日のインド株式相場は4カ月ぶり安値となった。米当局がジェネリック(後発医薬品)メーカーに対する捜査を進めていると伝えられ、医薬品株が売られた。一方、政府が全国統一で複数の税率を設ける間接税の税体系を支持したことを受け、消費関連銘柄は買われた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。