コンテンツにスキップする

クリントン氏有利、激戦州での期日前投票分析-チャート

relates to クリントン氏有利、激戦州での期日前投票分析-チャート

  米大統領選挙の投票日まで6日を残した11月2日の時点で、民主党のヒラリー・クリントン候補が全米での期日前投票の52.6%を獲得したとみられる。幾つかの重要な激戦州もクリントン氏がリードしたもようだ。世論調査・分析会社クラリティ・キャンペーン・ラブスの分析が示した。同社は数百の変数を用いるアルゴリズムを使って、期日前投票を済ませた有権者がどちらかの候補を選んだ確率をモデル化した。活用された変数には個人の投票履歴や近隣地区の国勢調査記録などが含まれ、当該有権者がどちらの候補者の支持層に類似しているかの度合いを算定した。これを選挙人数に換算すると、この期日前投票モデルでクリントン氏の獲得数は244人、トランプ氏は149人となる。期日前や不在者投票をするのに理由が必要な13州の票は除外した。

原題:Early Vote Analysis Favors Clinton in Key Battlegrounds: Chart(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE