コンテンツにスキップする

米当局が後発医薬品十数社を価格操作容疑で捜査、年内訴追も-関係者

  • 一部幹部の間で薬価つり上げの合意があったどうかが捜査の焦点
  • 最初の訴追請求は年内に行われる可能性があると関係者

米連邦検察当局は価格操作で共謀した疑いでジェネリック(後発医薬品)メーカー十数社に対する刑事捜査を進めていると、事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。一部医薬品の価格高騰への批判で揺れる米製薬業界にとって新たな難題となる。

  これら関係者によれば、司法省の反トラスト(独占禁止法)当局者による捜査は約2年前に始まり、現在は12社余りと約24種の医薬品が対象になっている。捜査の焦点はこれらの企業の一部幹部の間で薬価つり上げの合意があったかどうかであり、年内に最初の訴追請求が行われる可能性がある。

Inside A Walgreens Boots Alliance Inc. Store As Earnings Figures Are Released

イリノイ州の薬局で商品補充する従業員

Photographer: Christopher Dilts/Bloomberg

  各ジェネリックメーカーのこの捜査に関する情報開示はまちまちだが、これまでに捜査の対象になっているとして挙げられた医薬品は心疾患治療薬と抗生物質などわずかな数にとどまる。これまでに召喚状を受け取った大手製薬会社はマイランテバファーマスーティカル・インダストリーズなど。そのほか、テバが今年8月にアラガンから買収したアクタビスや、ラネット、インパックス・ラボラトリーズ、コビス・ファーマ・ホールディングス・サール、サン・ファーマシューティカル・インダストリーズ、メイン・ファーマ・グループ、エンド-・インターナショナルの子会社パー・ファーマスーティカル・ホールディングス、タロ・ファーマシューティカル・インダストリーズも受け取った。

  メイン・ファーマはこの捜査が自社の業績に実質的な影響を及ぼすとは予想していないと表明。コビスは捜査の結果を予測できないとの立場を昨年示した。その他の企業は全て捜査に協力するとしていた。

  テバの広報担当、デニス・ブラッドリー氏は電子メールで、「テバはこれら召喚状を受け取る理由につながるような事実を承知してない」と表明。マイランの広報担当ニーナ・デブリン氏は電子メールで、「これまでのところ、当社が価格操作に関与したという証拠をわれわれは把握していない」と述べた。アラガン、インパックス、サンは公表文書以外にコメントを控えるとした。エンドーとコビス、タロ、ラネット、メインにコメントを求めたが返答はなかった。司法省報道官はコメントを控えた。

  同捜査で名が挙がった各社の株価は下落。ラネットの終値は27%安の17.25ドル。インパックスは20%安の16.50ドル。エンドーは19%安の14.63ドル。テバは9.5%安の39.20ドル。アラガンは4.6%安の188.82ドル。マイランは6.9%安の34.14ドル。タロは7.3%安の93.68ドル。コビスの資産のほとんどを買収したコンコーディア・インターナショナルはカナダ株式市場で5.6%安の4.37カナダ・ドル。サンとメインは米株式市場に上場していない。

  各社が同時に値上げをすることは法律に違反しないが、競合企業同士が価格設定や値引きの調整、製造割り当て、価格に影響する手数料で合意することは違法行為とされる。連邦政府は罰金支払いや企業幹部の収監に向け、共謀容疑で訴追手続きを進めることができる。

原題:U.S. Charges in Generic-Drug Probe Said to Be Filed in 2016 (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE