コンテンツにスキップする

スタンダードチャータード:PE部門幹部を解雇、閉鎖も視野-関係者

英銀スタンダードチャータードはプライベートエクイティ(PE、未公開株)投資部門の責任者を解雇し、向こう2年間で同部門を閉鎖する計画を視野に入れいている。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  情報が非公開だとして匿名を条件に述べた関係者によると、スタンダードチャータードは今週、スタンダードチャータード・プライベートエクイティの責任者であるジョゼフ・スティーブンス氏と東南アジアで同事業に携わったバート・クワン氏を更迭した。同関係者はビル・ウィンターズ最高経営責任者(CEO)はPE部門を同部門幹部に売却する可能性を協議したが、価格面で折り合いがつかず、閉鎖案に傾いていると話した。

  スタンダードの広報担当ショーン・ギャンブル氏は、9月声明以上のコメントを拒否した。同声明は「非中核事業や当社が一段と引き締めたリスク許容度にそぐわない事業について、見直している」と述べていた。

原題:StanChart Said to Oust Private Equity CEO, Mull Unit Closure (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE