コンテンツにスキップする

EU離脱スケジュールに変更ない-英政権、裁判所判断後に表明

英国のメイ政権は、欧州連合(EU)離脱手続きの開始について議会の承認が必要だとした裁判所の判断後も、スケジュールの変更はないと約束した。

  裁判所の判断後、政府は直ちに上訴の意向を表明。法的プロセスを経ても、2019年半ばに離脱を完了するスケジュールの履行は可能だとの見解を示した。首相府のヘレン・バウワー報道官は、離脱手続きの正式な開始となるリスボン条約50条を来年3月末までに発動する計画に変更はないと述べた。

  同報道官は3日、ロンドンで記者団に「国民が投票で下した決定を実践するのが政府の仕事だ。議会は議論を通じて見解を示す役割を果たすだろう」と語った。

原題:May Unbowed by Ruling Pledges to Hold to Brexit Timetable (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE