コンテンツにスキップする

米失業保険申請件数:3カ月ぶり高水準、4週平均は3週連続で増加

先週の米週間新規失業保険申請件数は市場予想に反して前週比で増加し、ほぼ3カ月ぶりの高水準となった。労働省の発表によれば、10月29日終了週の新規失業保険申請件数は前週比7000件増の26万5000件。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想では25万6000件への減少が見込まれていた。

Higher But Still Healthy

  より変動の少ない4週移動平均は25万7750件と、前週の25万3000件から増加した。4週平均はこれで3週連続増加となった。失業保険の継続受給者数は10月22日までの1週間に1万4000人減って203万人だった。

原題:Jobless Claims in U.S. Rise to Highest in Almost Three Months(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE