コンテンツにスキップする

21世紀フォックス:7-9月利益は予想上回る-CATVの広告増収で

  • 売上高も前年同期比7.1%増加し、市場予想上回る
  • 株価は時間外取引でほぼ横ばい

ルパート・マードック氏率いる米エンターテインメント会社、21世紀フォックスの7-9月(第1四半期)では利益がアナリスト予想を上回った。ケーブルテレビ(CATV)部門の広告収入や映画部門のコンテンツ収入が伸びた。

  2日の発表資料によれば、一部項目を除いた利益は1株当たり51セントに増加。ブルームバーグがまとめたアナリスト28人の予想平均は44セントだった。売上高も前年同期比7.1%増の65億1000万ドル(約6730億円)と、市場予想(64億9000万ドル)を上回った。フォックスのクラスA株の2日終値は1.4%安の25.83ドル。時間外取引でも終値とほぼ同水準で推移している。

原題:Fox Profit Tops Estimates as Ads, Subscriber Fees Lift Cable (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE