コンテンツにスキップする

NY外為(2日):ドル下落、FOMCは12月利上げ明確に示唆せず

更新日時

2日のニューヨーク外国為替市場ではドルが下落。7月以来最長の連続安となった。米連邦公開市場委員会(FOMC)声明には12月利上げへの決意を示唆するより明確な記述がなく、トレーダーにとって期待外れとなった。

  ドルは主要通貨の大半に対して下落。特にニュージーランド・ドルと南アフリカ・ランドに対して下げた。FOMC声明は政策金利を据え置き、金融政策を引き締める前にさらなる証拠を待ちつ姿勢を示した。投票日まで6日となった米大統領選の動向や2日後の米雇用統計発表をめぐる不透明感もドル売りを促した。

Dollar Weakens

  CIBCワールド・マーケッツの外為・マクロ担当シニアストラテジスト、バイパン・ライ氏(トロント在勤)は選挙投票日を前にユーロや円、スイス・フランに対して「リスクはドル軟調に傾いている」と述べ、「市場参加者は具体的な兆候を期待していたが、当局は投票日1週間前にそうしたメッセージを発することをためらったようだ」と続けた。

 ニューヨーク時間午後5時現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.2%低下。ドルは対ユーロで0.4%下げて1ユーロ=1.1098ドル、対円では0.8%安の1ドル=103円30銭。

  米オーバーナイト・インデックス・スワップ(翌日物無担保コールレートと固定金利を交換する金利、OIS)市場によると、今回の引き締め局面は歴史的に最もペースが遅く、かつ浅いものになるとみられている。フェデラルファンド(FF)金利は3年後で約0.96%が示唆されている。現在は0.41%だ。これは事実上、今後36カ月間で2度の利上げが織り込まれているに過ぎない。

  バンク・オブ・ノバスコシアのストラテジスト、ショーン・オズボーン氏は「緩やかなペースでの利上げを裏付けており、12月利上げに向けてうまく段取りが整っている」と述べ、「今のところ市場参加者は選挙関連のニュースを注視している。短期的にドルのトレードはある程度慎重になる可能性がある」と続けた。

原題:Dollar Stays Lower as Fed Gives Few Hints on December Rate Hike(抜粋)

(全文を書き換えます.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE