コンテンツにスキップする

カーニー英中銀総裁、金利を動かすことはもうない-NIESR

  • 次の動きは19年7-9月ごろに利上げと予想
  • インフレは来年下半期に4%に達する場面も

イングランド銀行(英中央銀行)のカーニー総裁が在任中に金利を動かすことはもうないー。英国立経済社会研究所 (NIESR)がこうした見方を示した。

  カーニー総裁は10月31日、当初の予定より1年長い2019年6月まで総裁職にとどまる意向を示したばかり。NIESRは英国が欧州連合(EU)からの離脱交渉を続けるこの期間にわたり、英中銀は金利を現在の0.25%に維持すると見込み、次の動きは恐らく利上げで19年7-9月ごろになると予想した。

  2日公表したリポートで、NIESRは今年の英経済成長率見通しを1.7%から2%に、17年の予想を1%から1.4%にそれぞれ引き上げた。ポンド安が原因でインフレは17年に加速して同下半期には4%に達するものの、英中銀は一時的な現象だとして看過するとみている。

原題:Carney Won’t Change Rates Again at the BOE, Niesr Says (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE