コンテンツにスキップする

ブラックロック元マネジャー、インサイダー取引で有罪認める

世界最大の資産運用会社ブラックロックの元ポートフォリオ・マネジャー、マーク・リトルトン被告は、インサイダー取引2件について有罪を認めた。英監督当局の金融犯罪捜査で、また1人大物が摘発された。

1478083774_Mark-Lyttleton

2日、ロンドンの裁判所を後にするリトルトン被告

Photographer: Luke MacGregor/Bloomberg

  リトルトン被告は2日、罪状認否のためロンドンの裁判所に出廷した。英金融行動監視機構(FCA)は同被告が2011年10月、英アンコール・オイル株を買収提案が報道される前に売買したほか、その1カ月後に英ケアン・エナジーの油田発見に絡んで同銘柄のコールオプションを取引し、この2件がインサイダー取引に該当すると主張している。もう1件の容疑については捜査中止となった。

  同被告はかつてブラックロックのロンドン支社でポートフォリオ・マネジャーを務め、ブラックロックUKダイナミックファンド、ブラックロックUKアブソルート・アルファ・ファンドといったファンドを運用。運用資産は最大で20億ポンド(約2540億円)に上ったが、13年5月に妻のデルフィーン氏と共にロンドン西部の自宅で逮捕された。FCAは昨年、デルフィーン氏を調査の対象から外した。

  リトルトン被告の弁護人のパトリック・ギブス弁護士は、判決を前に裁判所に被告の精神鑑定書を提出する意向を示した。また異例ではあるが、裁判所の没収手続きを経ることなく被告が自発的に金額非公表の罰金を支払うつもりであることも明らかにした。

  英国でインサイダー取引の量刑は最大で禁錮7年だが、罪を認めれば3分の1まで減刑される可能性がある。

  ブラックロックは先に、問題となった取引は「リトルトン被告個人の利益のため社外で」実施されたもので、「ブラックロックならびにその従業員は調査の対象となっていない」と説明している。

原題:Former BlackRock Manager Pleads Guilty to Insider Trading (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE