コンテンツにスキップする

中国アリババ:7-9月収益が予想以上、クラウドも電子商取引も堅調

電子商取引で中国最大手のアリババ・グループ・ホールディングは7-9月(第2四半期)売上高と利益がアナリスト予想を上回った。クラウドサービスが中核の電子商取引事業を後押ししたほか、同事業も中国景気減速の影響を回避した。

  2日の発表によると、売上高は前年同期比で55%増え343億元(約5250億円)となった。ブルームバーグ・ニュースがまとめたアナリスト予想平均は339億元だった。調整後の1株利益は5.26元、アナリストは4.69元を予想していた。

  アリババはモバイルショッピングへの消費者のシフトをうまくとらえるとともに、強力なコンピューターシステムを駆使してクラウド事業の顧客を獲得、新たな成長の原動力としている。馬雲(ジャック・マ)会長はデータセンター事業に加え、映画と動画のストリーミングサービスにも力を入れている。

  電子商取引の売上高は前年同期比41%増の285億元。デジタルメディア・エンターテインメント部門の売り上げは4倍の36億元に増えた。

  クラウド部門の売上高は2.3倍に増え15億元。同部門の赤字は5700万元に縮小し、有料顧客は65万1000件と2倍以上に拡大した。

原題:Alibaba Sales Beats Estimates on Cloud, E-Commerce Growth (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE