コンテンツにスキップする

ユーロ圏:10月製造業、14年初め以来のペースで拡大-値上げ余地生じる

ユーロ圏では10月に製造業の活動が2014年初 め以来のペースで拡大した。堅調な需要を背景に値上げ余地が生じてい る。

IHSマークイットが2日発表した10月のユーロ圏製造業購買担当 者指数(PMI)改定値は53.5と、10月24日公表の速報値(53.3)を上 回り、9月の52.6から上昇した。新規受注指数は昨年12月以来の高水準 に達した。

マークイットのシニアエコノミスト、ロブ・ドブソン氏は「ユーロ 圏製造業は第4四半期に好調な滑り出しを見せた」とし、「生産と新規 受注、新規輸出事業の全てが過去3年での最高付近に上昇した。7-9 月期の堅調な伸びが土台となり、2011年半ば以来の雇用急増を支えてい る」と述べた。

さらに、マークイットはインフレ率が欧州中央銀行(ECB)の目 安とする水準に向かい始めつつある兆候が見て取れると指摘。企業が昨 年8月以降初めて値上げし、石油関連商品などでコモディティー価格の 上昇分を顧客に転嫁したと説明した。サプライチェーンにもこうした物 価上昇圧力が波及し始める可能性があると、ドブソン氏は語った。

原題:Euro-Area Manufacturing Gathers Speed as Price Pressures Build(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE