コンテンツにスキップする

ドイツ:10月の失業率6%、統一後の最低に-失業者は1万3000人減

ドイツの失業者数は10月にエコノミスト予想を大きく上回る減少となり、失業率は旧東西ドイツ統一以降の最低を更新した。

  独連邦雇用庁が2日発表した10月の雇用統計によると、失業者数は季節調整済みで前月比1万3000人減の266万2000人となった。ブルームバーグがまとめたエコノミスト調査では1000人減が見込まれていた。失業率は6%に低下した。

  連邦雇用庁のワイゼ長官は発表文で、「雇用市場の10月の展開は良好だった」とし、「秋季の回復で失業者数は大きく減った。雇用は再び増加し、新規労働者への需要も引き続き高まった」と説明した。

Record Low, Record High

原題:German Joblessness Falls to Record Low as Economy Ploughs On (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE