コンテンツにスキップする

10月の英住宅価格は前月比横ばい、値上がり止まる-ネーションワイド

英国で住宅価格が10月、1年4カ月ぶりに前月比横ばいとなり、右肩上がりの流れが途絶えた。前年同月比では年初来で最小の値上がりにとどまった。英住宅金融のネーションワイド・ビルディング・ソサエティーが2日データを公表した。

  英住宅価格は9月まで15カ月連続で前月を上回っていた。10月は前年同月比では4.6%上昇と、9月の5.3%から伸びが鈍化。ネーションワイドは、住宅市場は「かなり不活発」な状態にあり、売買件数は前年と比べて約10%減ったと説明した。

  住宅ローン承認件数は今年に入ってから減少傾向にあり、英国銀行協会(BBA)は先月、英不動産市場は「引き続き基調的な弱さを示している」と指摘した。経済ビジネスリサーチセンター(CEBR)は、欧州連合(EU)離脱選択が英住宅市況に悪影響を及ぼし、価格上昇率は来年2.6%と、今年見込まれる6.9%から減速するとの見通しを示した。

Price Pains

原題:U.K. House Prices Stagnate for First Time in 16 Months(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE