コンテンツにスキップする

中国政府系CICら投資家グループ、GLPへの買収提案検討-関係者

  • CICと厚朴投資管理、ヒルハウスがGLP買収の共同提案を協議
  • 1日終値に基づくとGLPの時価総額は約6200億円

シンガポールに拠点を置き、産業用不動産を所有するグローバル・ロジスティック・プロパティーズ(GLP)に対し、中国政府系ファンドの中国投資(CIC)など投資家グループが買収に向けた関心を寄せている。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  情報が非公開だとして匿名を条件に話した関係者によると、CICと北京に拠点を置く厚朴投資管理、ヒルハウス・キャピタル・マネジメントがGLP買収の共同提案について協議している。また、3社はコンソーシアムへの参加の関心を探るため、パートナー候補に接触していると関係者の1人が話した。

  複数の関係者によれば、合意に至るかどうかはGLPの筆頭株主である政府系ファンドのシンガポール政府投資公社(GIC)の受け入れ次第で、CICなどが買収提案を進めるかははっきりしていない。

  2日のシンガポール市場でGLPの株価は一時14.5%高。取引停止前の現地時間午後0時30分(日本時間同1時30分)現在、11.2%高。1日終値に基づくとGLPの時価総額は約60億米ドル(約6200億円)。

  GLPの広報担当者はコメントを控えた。GICにもコメントを求めたが、今のところ返答はない。コンソーシアムに参加する各社の担当者はコメントを控えたか、コメントを求めたものの現時点で回答がない。

原題:CIC Group Said to Mull Bid for $6 Billion Property Owner GLP (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE