コンテンツにスキップする

白井前審議委員:日銀は政府が行動起こす時とのシグナル発した

3月まで日本銀行の審議委員を務めた白井さゆり慶応大学特別招聘(しょうへい)教授は2日、日銀は2%のインフレ率を達成して日本経済を回復させるには、政府のさらなる行動が必要だとのシグナルを発したと述べた。

  白井氏はインタビューで、「日銀はできることは全て実行し、すでに非常に緩和的な金融環境を整えており、総需要の押し上げに向けて今度は政府が何かを講じる時だとのシグナルを送った」と指摘した。

  日銀は1日公表した展望リポートで、極めて緩和的な金融環境と政府の大型経済対策により2019年3月までの期間を通じて潜在成長率を上回る成長を続けるとの見方を示した。

原題:Bank of Japan Signals Onus Is Now on Abe Government, Shirai Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE